月が綺麗ですね、この街

ゆとりと愛で、
いざ、選挙に挑む

無所属新人
(北多摩第三区 調布市・狛江市)

プロフィール

『経歴』
1969年 府中市にて生まれる。アポロ11号による人類初の月面着陸
1971年 神奈川県津久井郡藤野町(相模原市)に転居し、自然と戯れる
1985年 神奈川県津久井郡藤野中学校卒業。リトル/シニアリーグで活躍
1988年 早稲田大学本庄高等学院卒業。ラグビー部でFWとして活躍
1992年 早稲田大学教育学部卒業後、アリゾナ州立大学ゴルフ部へ挑戦
1993年 家庭の事情で93年秋に帰国。就職難でフリーター暮らしを経験


『職歴』
1995年 フリーの出版プロデューサーとして学習参考書の制作に従事
1997年 出版・広告他、上場関連業務など幅広く手掛ける法人を設立
2000年 広告系ベンチャー企業等の役員を兼任し、サラリーマンを想う
2003年 「愛情いっぱい総合商社」株式会社sakuramomoを設立
半年毎に新規事業を立案、実行。テレアポ・飛び込み営業は現役
社名の由来は太宰治『桜桃』の「子供より親が大事、と思いたい」
2016年 日本政策学校10期生/希望の塾1期生として政治を学ぶ


『プロフィール』
結婚後の27歳より調布市民(菊野台~飛田給~深大寺元町在住)
二児の父。離婚や復縁、4度の倒産危機を乗り越え現在に至る
自他共に認める「チャレンジャー」。どんな経験にも無駄はないと信じます

新井 匠の想い

「月が綺麗ですね」この街
かの文豪・夏目漱石が「I LOVE YOU」をこう訳したという逸話。
深呼吸して、ふと夜空を眺めてほしい。この街に、もっと「ゆとり」と「愛」を定着させたい。 その第一歩として、選挙を見直してみませんか?選挙「戦」という言葉に違和感を覚えます。 格闘技でもなく、攻守に分かれる球技でもない。否定し合う姿を子供に見せてはいけない。 選挙は「競技会」。陸上や水泳、ゴルフと同じ。各自が真っすぐ走り切る。戦いは要らない。

-----------------------------------------------------------

「立候補は権利ですよね」この街
「三バン」と言われる「地盤、看板、カバン(資金)がないと選挙に勝てないという常識。 これまでに「志」ある優秀な方々が、こうした被選挙権「力」に屈してきました。 18歳から与えられる選挙「権」が権利なら、被選挙「権」もまた権利でなくてはならない。 政治家から政治家を選ぶのか。市民から政治人を生み出すのか、選び抜くのか。 誰もが立候補できる選挙ができるなら、政治参加=投票もきっと上昇する。

-----------------------------------------------------------

「私に奇跡をください」この街
私の選挙活動。事前活動一切なし。後ろ盾も何もありません。勝負はたったの9日間。 政治学校やセミナーでは、勝敗の99%は既に告示前に決していると聴かされます。 だから告示日前の事前活動が重要視され、期間が長くなるほど費用がかさんでしまう。 例えば、費用対効果の低いポスティングやチラシ配りに奔走すると、これが相当の負担となる。 こうした活動や費用を省けば、ボーナス一回分と半年間の節約で誰でも挑める。 政党支持率は合算しても40%。地盤や看板がなくても、きっとチャンスはあるはず。 候補者の増加は選択肢の増加。すると、投票率も上昇し、浮動票が増え、きっと対抗できるはず。 今回、もしも、私が当選できたなら、4年後の都議選で30人の立候補に期待したい。 私ごときに奇跡をください。これからの「みんな」の出番を楽しみにしています。

政 策

東京随一の、森と水辺の豊かさを。映画のまち、スポーツのまちを、楽しめる暮らしを。ラガーマンとして、2人の子どもの父として、できること。政治に一切関わりが無い私だからこそ聞こえる、政治家には気づかない声を、都政に届けます。

そんな中でも、第一に手がけるのは「自動車教習所」の無料化です。モノつくり大国ニッポン。その中でも、日本経済の根幹を支えるのは、紛れもなく「自動車産業」です。若者の車離れは日本経済を揺るがす大きな問題であり、近い未来に危機となります。だからこそ、数十万円の費用が必要となる自動車免許取得を無料化し、自動車に乗ることへの敷居を下げる。自動車を運転することで、様々な活動が増え、経済が活性化される。将来的には日本のスタンダードとなるべきモデルですが、
調布市・狛江市がその先陣を切らせます。

お問い合わせ