活動

こんにちは。新井匠と申します。

 

2017年7月2日に行われた、東京都議会議員選挙。

小池百合子率いる地域政党『都民ファースト』が話題になり、日本中で盛り上がりを見せました。

結果としては、『都民ファースト』の圧勝劇、『自民党』の歴史的大敗と、良し悪しは別として大きな動きがあったこの選挙。

 

そんな大舞台に、政党に所属せず、支援もなく、これまで政治に一切関わりのない、人間が立候補する。

常識的に考えたら『無謀』の一言で済まされてしまうかもしれない。

 

それでも、私は長年居住する北多摩第三区(調布市・狛江市)から、前代未聞の挑戦・立候補をいたしました。

 

何ら特別な人間でない、一調布市民である私が選挙に出たことで感じたこと。

立候補しなければ絶対に見えなかった新たな視点。

そもそも、なぜ立候補を決意したか。

 

メディアの様に『選挙の裏側』なんて扇動したい訳ではございませんが、私と同じく一市民であり、一国民である皆さまに私の体験をお伝えすることで、皆さまにも何か感じていただけるものがあれば、幸いです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。