活動

2017年7月に行われた東京都議会議員選挙。

 

私は無所属新人として、どこの支援も受けずにたった1人で立候補しました。

その理由の前に、私と政治との関わりを述べていきたいと思います。

 

政治家ではない『市民』が政治と関わる機会は、2種類ございます。

1つ目は、私の様に『選挙に立候補する』こと。

少々敷居が高いかもしれませんが、紛れもなく政治に関わる行動です。

そして、2つ目は『選挙で投票をする』こと。

シンプルかつ多くの人が政治に関わる機会、それが投票です。

 

もちろん、他にもロビー活動など、政治へ参加する方法は多々ございますが、公的なもので大きくはこの『2つの機会』となるはずです。

特に、2つ目の『投票』という行為は、18歳以上の日本国民に与えられる権利であり、当然ながら私も与えられていた権利でした。

そんな私ですが、包み隠さず正直に述べますと、人生で投票に出向いた経験はたった『2回』です。

 

1度目は、20歳で母親に手を引っ張られ、嫌々と選挙に向かった時。

せっかくハタチになって選挙権を与えられたのだから、親としても行かせなければという気持ちだったのでしょう。

2度目は、2012年に執行された衆議院議員総選挙。

ラガーマンである私は、高校時代からラガーマンとしてスターであった『橋下徹』という人間が大好きで、ただそれだけの理由で日本維新の会の立候補者に投票をしました。

 

このたった2回です。

 

しかも、どちらも『政治』に興味があっての投票ではなく、むしろ興味無しでの投票でした。

現在48歳にして、たった2度しか投票に出向いたことがない。

 

そんな私が選挙に立候補した理由。

それは、今から4年前の2013年に衝撃的な経験を踏んだことに起因します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。