活動

『長友氏は2002年の市長選で、当時の吉尾勝征市長の5選出馬を批判して初当選した経緯があり、「批判されても仕方ない。(自分自身の)不明を恥じなければならない」と述べる一方、市政の継続に意欲を示した。

長友氏は市内で記者会見し、東京五輪のサッカー会場などが市内に決まり、さらに昨年5月に都市長会会長に選任されたことで「5期目を意識した」と説明。また、多選による組織の硬直化や人事停滞などの弊害については「出馬をあきらめるほど、(市の)組織全体がおかしくなっているとは思わない」との認識を示した。』

———————————————————-(出典:毎日新聞2018年6月2日 地方版)

ん~「不明を恥じ」ても、今更それでは済まされないような。

結局は2大イベントを目前に控えて「欲が出てしまった」ということか。

「組織全体」どうこより、市政を司る人としてのモラルの問題ですからね。

痛い話です。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。