政策

豊富な民間企業での経験だから成せる「匠な技」

WHOが定義する3つの「真の健康」を府中から実践!

1 あなたを薬漬けにしない。

肉体的健康・・・未病対策

健康寿命を現実的に延ばす秘策を府中市へ導入

全国健康プロジェクトの主催者として蓄積してきた画期的健康術を市に政策提案します。
重要なのは市民の免疫力を向上させることです。薬に頼る生活から抜け出し、
心も体も蘇る健康寿命の延伸を目指します。
このことにより健康保険税の負担を抑え、家計や市財政の健全化を図ります。


 

2 あなたを独りにはしない。

精神的健康・・・近居支援
親子二世代の市内「近居」者への住宅補助制度

親世代との府中市内への近居または同居を希望する子世代への住宅優遇制度を導入します。
子世代が親世代に寄り添い続ける暮らしは、精神的な安定はもちろんのこと、経済的ゆとりや防犯上の安心にも繋がります。
また女性の社会進出や子育てサポートにも大きなプラス期待できます。


 

3 あなたを取り残さない。

社会的健康・・・交流促進
誰一人として取り残されない優しいまちの創造

毎年15000人もの転入者を迎入れる一方で、ほぼ同数の転出者が存在することを鑑み、
昔から居住する先住者が新たな府中市民を歓待し、互いに交流できる機会を増やすことで、
「離れたくない街づくり」を目指します。同時に民生委員の活動範囲を拡げ、全員参加型の地域を創造します。

 


 

 

★議員ポリシー

多様な市民の声が届くよう、
市政の提出議案を否決等しない「丸のみ」議会にはしません。
 

・将来へ負担がないよう、目先の対処療法ではなく
 根本治癒・体質改善を進めていきます。
 

・長年の企業経営・ビジネスプランナーとして養った企画力で、
市政の盲点
を突きます。
 

・特定の有権者を大切にする選挙重視の議員でなく、
 全市民に寄り添う議員を目指します。
 

・投票率の高い世代向けの政策・公約に偏る
選挙重視の「点取り議員」にはなりません
 

・選挙前活動での「無所属」新人候補者の制限を緩め、
 政党候補者との格差を是正します。

©  府中市議会議員選挙 新井 匠 All Rights Reserved.
PAGE TOP